完成検査直前。

 年度末には完成検査が集中します。

昨日、検査準備中の現場にお邪魔しました。

こちらは南北に長い京都府の中央部の工事で、途中で折れ曲がった谷止工の現場。

現場施工も施工管理もなかなか面倒な谷止工で、ご苦労があったとお聞きしました。

こちらの工事では間伐エース工法をご採用いただき、打設高2.0mのリフトも施工されて、当初設計よりは1リフト少なくなりました。

  写真はドローンを使った空撮写真です。

従来は幅のある谷止工では1枚の写真に構造物全体を写し込むのは難しく、写真をつなぎ合わせて表現していたものですが、ドローンが一般化した今日ではこの様に上空から撮影することで工事全体を収めた写真を取ることができるようになっています。

 上流側の伐採範囲ギリギリにドローンを飛ばさなければなりませんので操縦に気を使うことになりますが、これまでならば構造物の上部だけが写っていたところ、埋戻し線までしっかりと捉えたうえ谷止工の天端面も入った写真を撮影することが出来ました。