型枠割付図は大切です。

こちらは京都府内の現場です。

こちらの会社としては2工事目の間伐エース工法となり、流木捕捉工と谷止工の2基を同時に施工されています。

 かなり幅のある谷止工で、まだ鉛直打継部の型枠が入っていませんので、左岸から右岸まで型枠が見通せます。

1.5mのリフトで、上流の間伐エース工法による型枠は非常にスッキリとした型枠であるのがよく判ります。

 型枠の強度とたわみ量の計算を行い、必要なセパ本数をしっかり溶接して固定すれば問題はありません。

前回打設したコンクリート中に設置したアンカー鉄筋の位置も、割付図に基づき正しく入れればセパの角度も揃い管理がしっかりされた作業になります。

 しっかりとした計画に基づき工事をすることが、正確な構造物を短い工期で安全に完成させる秘訣だと思っています。

型枠工では強度計算に基づいた割付図に基づき、正確に作業を行うことが重要だと考えます。

 私共では間伐エース工法を初めて採用頂いた会社には無償で型枠の割付図を書かせていただいています。

いつもやっている私も、割付図の作成には1日かかってしまいます。

若い現場担当者の皆様には

「私の割付図を見ながら、いちどご自分でも割付図を書いてみてください。」

「見てるだけではわからない部分も、割付図を書く過程で深く理解することが出来るはずです。」

と申し上げています。

最初は時間がかかるかもしれませんが、工事管理者にとって重要な経験と知識を得ることが出来る大切な作業だと確信しています。