大型の谷止工

 京都府内の谷止工で採用された間伐エース工法K型による型枠工が順調に進んでいます。

この谷止工は幅が50mを超える規模です。

下流側の合板型枠は専門の型枠工が組立てられ、上流側の木製残存型枠やコンクリート打設を1組の作業班が担当されています。

ここでは間伐エース金具と一緒に鉛直打継用のズレ止と止水板設置用に予め曲げ加工した溶接金網を納品し、お使いいただいています。

金具の評判とともにこの溶接金網も大変高く評価いただいています。

現在型枠を組立てているこのリフトのコンクリート打設を終われば、谷止工では出水などによる工事の手戻りは心配がなくなります。

 工事管理をされている監督様とも親しくさせて頂き、色々と話しをさせて頂ける様になりました。

色々とご指導を頂き施工に役立つ工夫・改良をしてお役に立てるように心がけて参りたいと考えます。

今後とも宜しくお願いを申しあげます。